セミナーのご紹介

お金のことがわかる、「未来の会計」のプロになれる特別講座

経営者に必要なのは、自社の「過去」ではなく、
「未来」の会計を読み解くスキルです

そもそも経営者が「数字」に弱いことは致命的です。
日本を代表する経営者であるソフトバンクの孫正義社長は、ファイナンスのスキルをとても大事にしていて、若手社員にも会計のスキルを学ばせているほどです。大前研一さんは、これからの経営者に必要な3 つのスキルとして、IT、英語とともに、「会計」のスキルを上げています。楽天の三木谷浩史社長は、自身が日本興業銀行出身で、ファイナンスのプロですが、同様に「会計」のスキルが、あらゆる企業経営において重要なスキルであると説いています。
つまり、「お金」についてよく知っていて、それを戦略的に活用できるスキルは、住宅業界でなくても、どんな企業経営でも圧倒的に有利になるのです。

経営者は、正当に稼いで、社会貢献をし、きっちりお金を残す会社にすることが使命です。
しかし、私がこれまでで出会った工務店の社長の多くは、お世辞にも「お金に強い」社長はいませんでした。とてもいい家を創っている。親切にお客様に対応して、年々棟数も伸ばしている。そんな社長さんはたくさん出会ってきましたが、なぜか、棟数が伸びているのに、あまり儲かっている感じが伝わってこない。社員さんのお給料が増えている感じがしない。そんな方ばかりなのです。
中には、すごく忙しく働いているのに、資金繰りですごく苦労している社長さんもいる。働けども働けども、忙しくなるばかりで給料も増えなければ、社員さんたちも嫌になってしまいます。
住宅業界の社長さんはお客様に対して、「住宅ローン」や「ライフプラン」を通じてセミナー等を開催し、「お金のスキル」を先生の立場でお話しする機会も多いのに、自分の会社のお金の話になると途端にどんぶり勘定になってしまう人が多いのも現実です。自分がお金で苦労しているのに、お客様にお金の話をしても、説得力に乏しいでしょう。

じゃあどうすればいいの? ……答えは簡単です。
社長が「お金のスキル」「ファイナンスのスキル」を身につければいいのです。
どの業種も同じです。
「そんなことを言ったって、今更、財務とか会計とか、小難しい勉強なんてしたくない」…そんな声も聞こえてきそうです。勿論、簿記や会計については、知らないよりは知っていたほうがいいでしょう。税理士さん、会計士さんと財務諸表を見て、共通言語で対等に話し合いができるなら、それはもちろん好ましいことです。
ただ私は、中小企業の社長に、簿記の資格なんていらないし、財務諸表を隅から隅まで詳しく読める能力なんて必要ないと思っています。
財務諸表をなぜ作るかといえば多くの場合、「正しく税金がいくらになるかを計算するため」です。すでに終わった期のお金の出し入れについて、計算をして、いくら税金を払わなければならないのかを計算するための書類が、財務関係書類なのです。こんなことは、税理士や会計士に任せておけばいい。私はそう考えています。財務諸表を正しく読み取る知識を持っていても、それはあくまで「過去の会計」です。

経営者が本当に必要としていることは、自分の会社の「お金」が今どんな風になっていて、これからどうなると、会社が儲かって、利益が増えて、社員の給料も増やせて、新しい設備投資ができるのか?―― 本当に必要なのは、これからどうするのか?という「未来の会計」です。
今回の講座では、簿記や会計の知識は身につきません。 そんなことを知らなくても、「未来の会計」をたった2日学ぶだけで、経営者が、どうすれば会社が儲かるのか? どうすれば社員の給料をあげられるのか? どんな時に設備投資をしていいのか? 銀行借り入れはいつどのくらいしていいのか? …こうしたことをきちんとした根拠をもって判断できるようになるのです。
講座終了後は、なぜ、今まで会社が十分な利益を出せなかったのか?忙しく働いてきたのに思うように儲からなかったのか?なぜ社員さんの給料を増やすことができなかったのか? こうしたことがよくわかるようになるでしょう。
会計・財務の分野を一から学ぼうとすれば、たくさんの本を読んで、簿記検定を受けて、財務諸表をたくさん読んで…と、とてつもない時間とお金がかかってしまいます。でも、この講座を受講すれば、たった2日で中小企業経営者が明日からすぐに使える「未来の会計スキル」を身に着けることができます。

このような方は是非 ご参加ください!
● 仕事が忙しいのに思うように、利益が会社に残りません。どうして!?
● 会社の経営に、余裕を持つための知識を知りたい
● お金を残したい。内部留保と銀行借り入れのバランスが知りたい
● やばい!!お金の勉強をしたことがない、税理士任せ!
● 後継者、跡取りにお金・資金の勉強をさせたい
● 社員の給料を増やしてあげたいけど、長年あげることができていません
● お客様には「住宅ローン」セミナーを開催しているけど、実は会社はお金で困っています

…逆に、こういう方には不向きです
● 「会計のスキル」なんて必要ない、“勘と経験と度胸”だと思っている人
● 社員の給料は今後も1 円たりとも増やす気がない人
● いい家さえ創っていれば、今後も工務店経営はなんとかやっていけると思っている人

[ 講師 ] 玉川工務店代表取締役。
一級建築士。ファイナンシャルプランナー。
住宅・リフォーム業界専門セミナー講師・コンサルタント。

玉川 光明 氏

1973年福島県南相馬市生まれ。 東北大学工学部 建築学科卒業後、設計事務所を経て、 工務店の二代目として家業を継ぐ。 平成21年より、家づくりを真剣に考える全国の同業者とともに勉強会・セミナーを開始。 地域一番店を目指す全国の仲間とともに活動中、東北地方太平洋沖地震を経験。それを機に、コンサルタント・講師として全国において活躍。著書に「親子2世代でつくる3世代同居の家」エル書房刊がある。
中神公子とは15年来の親交があり、視点の鋭い中神一押しの、指導先で成果を出している実践コンサルタント。



日本では「お金の勉強」をする機会がありません。
ぜひ、この機会に!

※ こちらのセミナーはお陰様で好評をもって終了いたしました。
日時:2016年11月7日(月)・8日(火)
10:30~16:30(受付開始10:00~)
※休憩・質疑応答含む
会場:サンゲツ 東京ショールーム セミナールーム
東京都港区江南2-16-4品川グランドセントラルタワー4F
当日連絡先(㈱アルファプランニング携帯)TEL:080-5211-9621
費用:お一人様 138,000円(税込) 2人目から128,000円(税込)
教材・昼食代含む
・感動ネット会員様:特別価格 お一人128,000円(税込)
・スーパー社長の会 会員様:特別価格 お一人125,000円(税込)

ページ上部へ戻る